オリジンドッグフードの原材料や成分はどうなっているの?

オリジンドッグフード 原材料・成分

オリジンのドッグフードは世界中で認められたフードになります。

ただ、愛犬に与えようと考えているドッグフードを“世界中が認めている”というだけの理由で食事として採用してしまうことに不安を感じる飼い主さんも多いかと思います。

オリジンのドッグフードを愛犬の食事として採用するのなら、オリジンのドッグフードに使用されている原材料や成分などを把握しておくのは当然のことです。

そこで、原材料や成分について触れていきますので、参考になさって下さい。

オリジンの原材料について

オリジンドッグフード

オリジンのドッグフードの原材料について紹介しておきます。

ただ、オリジンのドッグフードは、種類が豊富で、全てを紹介すると煩雑な感じになってしまいそうですので、オリジンのドッグフードの中でスタンダードな存在であり、オリジンドッグフードの中でも出荷数も多く、愛好者も多い『オリジン オリジナル』を例に挙げておきます。

オリジナル以外の原材料については、ネットで調べて頂ければ、すぐに見つけることができますので、気になる方はネットでチェックしてみて下さい。

さて、『オリジン オリジナル』の原材料は↓のような感じになっています。

【『オリジン オリジナル』の原材料】

新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉、新鮮丸ごと大西洋カレイ、新鮮全卵、新鮮丸ごと大西洋サバ、新鮮鶏レバー、新鮮七面鳥レバー、新鮮鶏心臓、新鮮七面鳥心臓、新鮮丸ごと大西洋ニシン、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレートサバ、ディハイドレート鶏レバー、ディハイドレート全卵、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとグリーンピース、新鮮チキンネック、新鮮鶏腎臓、丸ごとグリーンレンズ豆、丸ごとシロインゲン豆、丸ごとヒヨコ豆、レンズ豆繊維、鶏肉脂肪、天然鶏肉風味、ポロック油、粉砕鶏骨、鶏軟骨、七面鳥軟骨、ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、フリーズドライ鶏レバー、乾燥ケルプ、亜鉛タンパク化合物、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮コラードグリーン、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、丸ごとリンゴ、丸ごと梨、カボチャの種、ヒマワリの種、チアミン硝酸塩、D-パントテン酸カルシウム、銅タンパク化合物、チコリー根、ターメリック、サルサ根、アルテア根、ローズヒップ、ジュニパーベリー、乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥プロバイオティクス発酵生成物、乾燥ラクトバチルスカゼイ発酵生成物

原材料を見てのマサキは、多くの原材料が使用されているというのが第一印象。

↑の原材料は、オリジンが信頼する農場主、牧場主、漁師から食材を調達をされているモノになります。

生産者

生産者に拘る理由は1つ。

貴方の愛犬の命にこだわっているからです。

何時・誰が・何処で作っているのかが明確になっている食材が、オリジンのドッグフードとして使用されている食材になります。

また、一般的なフードが20種類以上のビタミンやミネラル類を添加しているのに対し、オリジンでは“亜鉛”と“銅”の2種類を添加しているのみなのは、マサキ的には好印象でいます。

美味しさと栄養素を最大限に引き出すことで、多くの添加栄養素を必要としないのは、オリジンドッグフードの魅力の1つだとマサキは感じています。

オリジンの成分について

オリジンドッグフード

オリジンの成分についても紹介しておきます。

オリジンドッグフードの原材料を紹介した時と同様に、『オリジン オリジナル』を例に紹介しておきます。

【『オリジン オリジナル』の成分】

粗たんぱく質(以上) 38 %
粗脂肪(以上) 18 %
粗繊維(以下) 4 %
水分(以下) 12 %
カルシウム(以上) / リン(以上) 1.4 % / 1 %
オメガ6脂肪酸(以上) 3 % オメガ3脂肪酸(以上) 0.8 %
DHA / EPA (以上) 0.2 % / 0.2 %
グルコサミン(以上) 600 mg/kg コンドロイチン硫酸(以上) 600 mg/kg
総微生物*(以上) 100M CFU/lb(ラクトバチルスアシドフィルス、プロバイオティクス、ラクトバチルスカゼイ)

マサキは、AAFCOがタンパク質量や脂肪量の最低基準を満たしていることがドッグフード選びの条件の1つだと考えていますが、『オリジン オリジナル』は、タンパク質量18.0%以上(成犬)脂肪量5.5%以上の条件はクリアしています。

ですので、貴方にも、貴方の愛犬にも十分にオススメできるドッグフードの1つだとマサキは考えています。

まとめ

まとめ

オリジンのドッグフード。

世界中で認められているという実績のあるフードです。

そんな、世界を舞台にして好評を得ているドッグフードの原材料や成分は↓のようになっています。

オリジナル 原材料
オリジナル 成分

オリジンのドッグフードは、多くの原材料を使用していますが、信頼できる農場主、牧場主、漁師から調達した食材を使用し、AAFCOがタンパク質量や脂肪量の最低基準を満たしているドッグフードになります。

ですので、オリジンのドッグフードは、貴方や貴方の愛犬にオススメできるドッグフードになります。

それでは、また。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました