オリジンのドッグフードを食べると太る!? 適正な給餌量の求め方♪♪

太る 給餌量

オリジンのドッグフードを愛犬に与えたいと考えている飼い主さんの中には、オリジンのドッグフードのことをスマホを使って検索してみたって方も多くいると思います。

そんなアクティブな飼い主さんの中には、オリジンのドッグフードに“太る”という関連ワードが出てきて驚いたって方もいるかもしれません。

マサキは、オリジンのドッグフードを愛犬が食べると必ず太るとは考えていませんが、給餌の量が適正量でないと、太ってしまう可能性はあると考えています。

オリジンのドッグフードは、高カロリーなので、1日の給餌量を適当にしてしまうと激太りなんて、貴方も愛犬も望まない状況になってしまうなんてことも考えられます。

そこで、ドッグフードの1日の適正な給餌量を算出する方法を紹介していきますので、愛犬与える給餌量の目安を算出してみて下さい。

どうして太ってしまうの?

犬 太る

愛犬が太ってしまうのには、“必要カロリー”と“摂取カロリー”という概念を用いて説明することができます。

まぁ、至極当然の話なんで、マサキが説明するなんて、おこがましい限りで恐縮してしまいます・・・。

まずは言葉の説明から、“必要カロリー”とは“愛犬の身体を維持する為、毎日、補給する必要のあるカロリー”のことで、“摂取カロリー”は、“愛犬が摂取してエネルギー源としているカロリー”のことになります。

愛犬が太ってしまうのは、“摂取カロリー”が“必要カロリー”を上回り、消費できない状態になった時です。

摂取カロリーは、貴方が愛犬に食べさせているドッグフードの給餌量が関係しているのは、アホなマサキでもすぐに理解できますし、給餌量の適量を知ることが、愛犬を太らせないようにする為の第一歩になります。

1日の適正な給餌量の目安は、計算から求めることができます。

ただ、あくまでも“目安”という認識も必要で、個体差がありますので、最終的な給餌の適正量は、飼い主である貴方が見極めてあげて下さい。

適正な給餌量の目安を計算から知る!!

計算

1日に与える給餌量の適正は、↓の計算式から求められます。

【1日の給餌量の目安】

1日の給餌量の目安(g/日)=摂取カロリー÷1gあたりのフードのカロリー


※1gあたりのカロリーは、ドッグフードの袋に記載されている〇〇gあたりのカロリーから求めていきます。

↑の給餌量を求めるのに必要な摂取カロリーの求め方は、↓の計算式を用いることになります。

【摂取カロリーの計算式】

接収カロリー(kcal/日)=(適正体重×30+70)×指数

※指数について
指数として使用する数値は↓の状況で変化します。
・生後4ヶ月まで:3.0
・生後4ヶ月~1年まで:2.0
・成犬で避妊や去勢をしている場合:1.6
・成犬で避妊や去勢をしていない場合:1.8
・7歳以上で避妊や去勢をしている場合:1.2
・7歳以上で避妊や去勢をしていない場合:1.4

↑の計算式で必要となる適正体重は、獣医さんに教えてもらうのが、ベストな方法だとマサキは考えています。

獣医

適正体重を知るには、、知識が必要になってきます。

愛犬の為なら、“知識を仕入れるぐらい苦ではない!!”という貴方の怒りの声が聴こえてきそうですが、専門家の知識を借りて、正しい適正体重を知ることは、愛犬にとって良いことです。

正しい知識から導き出された、正しい適正体重を知って、愛犬の健康管理に役立てることができますので、信頼できる獣医さんに愛犬の適正体重を尋ねてみて下さい。

犬

例として『オリジン オリジナル』を避妊や去勢をしている7歳未満の成犬で、適正体重が7Kgのワンちゃんの場合は次のような計算の過程を経て、ドッグフードの目安量を算出することができます。

〔①摂取カロリーを計算する〕

摂取カロリー=(7×30+70)×1.6=448Kcal/日

〔②ドッグフードの1gあたりのカロリーを算出する〕

『オリジン オリジナル』のカロリーは1Kgあたり3,940Kcalですので、1gあたりのカロリーは↓のような感じで求められます。

1gあたりのカロリー=3,940Kcal÷1000g=3.94Kcal/g

③1日に必要な目安量を算定する

1日に必要な目安量=448Kcal/日÷3.94Kcal/g≒114g/日

こんな感じで愛犬の1日の給餌の適量の目安を算出することができます。

この計算で導き出された給餌量を基準にして、貴方の愛犬にとって適切な量のドッグフードを食べさせてあげて下さい。

目安はあくまで目安です!!

犬

愛犬に必要な1日の給餌量の目安を算出したら、その数字を参考にして、縛られすぎないようにして下さい。

適量な給餌の目安になる数字ではありますが、あくまで目安となる数字になります。

計算で導き出された数字が“絶対”ではありません!!

なぜなら、計算で導き出された数字には、“個体差”考慮されていないからです。

運動量の多いワンちゃんには、算出された給餌量では、物足りなさを感じさてしまうかもしれませんし、食の細いワンちゃんには多いと感じてしまうかもしれません。

人間に置き換えて考えても、適正体重から導き出した基準の食事量を厳格に守るのは、健康的なんでしょうが、その量をスポーツ選手にとっては少ないでしょうし、食が細い女性には完食がきつく感じてしまう場合があることは容易に想像ができます。

犬

もちろん、マサキのように食いしん坊なワンちゃんに対して、ドッグフードを欲しがるだけ与えてしまうことは、愛犬の身体に害が及んでしまう可能性は、否定できませんし、おデブなワンコになってしまうのは火を見るよりも明らかです。

つまり、重要なのは見極めること。

そんな見極める際には、体つきや体重の変動、便の状態を参考にするといいです。

ちなみに、便の状態は、便がゆるい場合は与えすぎ、固い場合は少ない可能性があります。

算出された適正量の目安を踏まえつつ、貴方の愛犬の健康を守るために、愛犬にあった給餌量を見極めてあげて下さい。

まとめ

まとめ

オリジンのドッグフードは少しカロリーが高めなドッグフードですので、給餌量を適当に済ましてしまうと、気がついた時には、“愛犬がおデブで不健康な身体になっていた・・・”なんて悲しい現実と向き合わなければならないかもしれません。

そんな事態に遭遇しない為にも、愛犬の身体を健康的に維持する為にも、愛犬にとっての適切な給餌量を見極めないといけません。

給餌の適正量を知るために、給餌量の“目安”を知ることは、給餌の適正量にたどり着く為の手がかりになるはずです。

その手がかりになる“給餌量の目安”は計算で導き出すことができます。

給餌量の目安を導き出す計算式は、↓のようになります。

給餌量目安式

摂取カロリーも計算式から求めることができ、↓のような計算式を用います。

摂取カロリー

↑の摂取カロリーを導き出す式で愛犬の適正体重を利用しなければなりませんが、愛犬の適正体重は、信頼できる獣医さんに教えてもらうのが、良いとマサキは考えています。

愛犬の健康の為に、知識が豊富な獣医さんの力を借りるのは、愛犬の為になることですので、信頼できる獣医さんを頼ってみて下さい。

犬

紹介した計算式から導き出された給餌量ですが、あくまで“目安”であることは忘れないようにしないといけません。

なぜなら、計算式には愛犬の個体差を考慮していないからです。

マサキのような食いしん坊に、欲しがるだけドッグフードを与えてしまうのは。間違いですが、活発なワンちゃんにとっては、導き出された給餌量では少ないかもしれませんし、食の細いワンちゃんには多い場合もあるかもしれません。

見極めの際には、体つきや体重の変動、便の状態を参考にするといいです。

貴方の愛犬にとっての適正量を、見極めるのは飼い主の責任ですので、貴方の愛犬にとっての適正な給餌量を見極めてあげて下さい。

それでは、また。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました